婚活3

アラフォー婚活のすすめ:アラフォー婚活のタブー

投稿日: カテゴリー 婚活

こんにちは。イギリス在住コラムニストの宮本燈です。

アラフォー婚活をするのに次のような行動はタブーです。

一つ目は、アラフォーだからといって、自分を卑下したり、自分に自信がないような態度で婚活をすることです。アラフォーであっても前向きで明るく婚活をしないと、どんな男性も魅力を感じてはくれません。相手が見つかっても見つからなくても、とにかく婚活を楽しもうというスタンスで臨むことが大切です。“どうせわたしなんてアラフォーだから”と後ろ向きな態度では素敵な出会いを逃してしまいます。

二つ目は、固定観念にとらわれないことです。とにかく間口を広げることが大切です。これまで条件外だった人が実は理想の相手だったという方は意外と多いものです。例えば、20歳も年の離れた男性なんて考えられないと思っていた人は意外と多いかもしれませんが、実際に話してみたら20歳若い男性でもしっかりとしているのに気がつく人もいますし、年上が好きな若い男性は意外と多いものです。反対に20才以上も年上の男性なんて年配すぎると思っていた方も、年上の男性と話してみたら意外と落ち着いていて心地が良かったと感じる人も多いです。このように、これまで条件だけでNGと思い、話しさえしなかった人と気軽に話してみることが大切です。アラフォーになったら、外見の魅力よりも内面の魅力がものをいいます。経験や人間性が大切で、相手への条件もある程度許容する必要があります。あまり夢見がちだと良い出会いを逃してしまいます。

三つ目は、あまり恋愛という形態にこだわりすぎないことです。一緒にこれから生活していけるパートナーを探すと考えたほうが良い相手が見つかりやすいです。例えば、一緒に生活していて苦にならない、気持ちが休まる、将来の不安が少ない、同じような生活スタイルである、など生活の場面を想像した時に障害が少なく、長く一緒にやっていけるかどうかということを前提に考えるのがよいでしょう。そういうとロマンティックでないように思われるかもしれませんが、アラフォーの方は、生活感を重視して選ぶのがポイントです。

四つ目としては、アラフォーであることがデメリットとなるような出会いの場ばかりに出ることです。例えばパーティー、街コンなど娯楽性やイベント性が高い出会いは、残念ながらあまりアラフォー向きではありません。タブーというほどではありませんので、たまに息抜きや刺激として参加するのがベストです。

このようにアラフォー婚活にはいくつかの成功へのキーがあります。今後いろいろな成功者の方の事例などもご紹介していきたいと思います。

 

Writer:

大学院修了後(お茶の水女子大学博士前期課程)、イギリスカレッジのディプロマプログラムを経て、翻訳・通訳者として国際協力団体、環境団体で計6年間オンサイト通訳・翻訳者として勤務。かたわらフリーランスの翻訳業を10年程度経験。イギリス大学院研究プロジェクトへも4年間参加。現在は、フリーの健康・美容ライターとしてwebマガジンや情報コンテンツのコラム連載中。

Related posts