治療3

アラサーからの矯正治療:アラサー矯正治療のすすめ

投稿日: カテゴリー 美容

こんにちは。イギリス在住コラムニストの宮本燈です。

いくつかのアラサーから矯正治療を始める前に注意しておきたいことをお話しましたが、それでもやはり私は、矯正治療をしてよかったと思っています。次のような点を挙げたいと思います。

一つ目は、やはりコンプレックスに思っていた歯並びが良くなったことは一番嬉しかったことです。子供のころからのコンプレックスを大人になってから治すという方は意外と多いようです。多くの方が成人後に歯列矯正をされているようです。

二つ目としては、歯並びがよくなったことで、これまで感じていた体の歪みや、肩こり、頭痛などが軽減されたように思います。劇的に良くなったというわけではありませんが、治療後は体の調子も良くなったと感じています。

三つ目としては、見た目の問題ですね。歯並びがよくなったことで自分に少し自信が持てるようになりました。

四つ目としては、やはり時期を逃さずにしたことが良かったとも思えます。徐々に体も皮膚も、歯も年をとってくるものです。早い段階でしておくのにこしたことはありません。

こんな感じで、私の矯正は無事に終了しました。矯正だけではなく、ずっと悩みの種だったことや、コンプレックスがある方は、アラサー、アラフォーになってからでも挑戦してみてはいかがでしょうか。人によっていろいろ内容は違うとは思いますが、アラサーからでもアラフォーからでも決して遅くはありません。歯列矯正も、アラサー、アラフォーになってからでも全然遅いことではありませんので、是非大人矯正も考えてみるのもいいと思います。また子育て世代の方でも、子供と一緒に矯正なんていうのもありかもしれませんね。

Writer:

大学院修了後(お茶の水女子大学博士前期課程)、イギリスカレッジのディプロマプログラムを経て、翻訳・通訳者として国際協力団体、環境団体で計6年間オンサイト通訳・翻訳者として勤務。かたわらフリーランスの翻訳業を10年程度経験。イギリス大学院研究プロジェクトへも4年間参加。現在は、フリーの健康・美容ライターとしてwebマガジンや情報コンテンツのコラム連載中。

Related posts