髪1

秋は薄毛の季節です!アラフォーで始める髪のアンチエイジング対策の理由

投稿日: カテゴリー 美容

こんにちは。イギリス在住コラムニストの宮本燈です。

薄毛になりやすい季節は、実は秋だということをご存知でしたでしょうか。

一見、紫外線の強い夏が薄毛になりやすいのではないかと思われるかもしれませんが、夏場に受けた紫外線の影響が出始めるのは秋口です。強い紫外線のダメージで、頭皮や髪の夏の疲れがあらわれるのは秋です。頭皮は、乾燥してフケや痒みがあり、炎症や肌トラブルの原因となります。髪は日焼けをすると、切れ毛や枝毛も増えて、パサパサしたダメージヘアとなります。

このようにダメージで状態が悪化した頭皮や髪は、抜け毛が増え始めます。

季節の変わり目は、温度変化などで体調も崩しやすくなります。精神的にも不安定になりやすく、このような心身の変調が、頭皮や髪にも影響をおよぼします。特に秋は、空気が少しずつ乾燥し始めて、頭皮や髪にとっては特に悪い影響があります。薄毛が進行するのもそのためです。アラフォーの方にとっても、薄毛や抜け毛の対策は決して早すぎる話題ではありません。今回は、薄毛対策についてお話してみたいと思います。

これを聞くと、“アラフォーで“薄毛対策なんてちょっと早いんじゃない!?”と思われるかもしれませんが、実はアラフォーはお肌の曲がり角ならぬ、髪にとっても曲がり角です。このようにアラフォーで頭皮や髪に変化があらわれるのは、女性ホルモンの影響があります。若いころは、女性ホルモンの分泌が活発なので、豊かで美しい髪を保つことができていました。しかし、女性ホルモンは、20代後半でピークを迎えるとどんどん減少の一途をたどります。30代になると少しずつ減少し始め、40代に入るとさらに減少していきます。そして閉経を迎える50歳前後になると、10代のころのレベルまで減少していきます。このような女性ホルモンの影響が顕著にでるのが、髪や頭皮です。そのため、40代に薄毛ケアを怠ると、その後の髪の寿命にもかかわります。40代で薄毛対策なんてまだ早いと思っている方は、アラフォーは決して薄毛対策にとっては早すぎる年代ではありません。むしろ、今始めないと、手遅れになる可能性もあるかもしれません!?

-続く-

Writer:

大学院修了後(お茶の水女子大学博士前期課程)、イギリスカレッジのディプロマプログラムを経て、翻訳・通訳者として国際協力団体、環境団体で計6年間オンサイト通訳・翻訳者として勤務。かたわらフリーランスの翻訳業を10年程度経験。イギリス大学院研究プロジェクトへも4年間参加。現在は、フリーの健康・美容ライターとしてwebマガジンや情報コンテンツのコラム連載中。

Related posts