アラ1

アラサー必見:アラフォーになる前にやっておきたい3つのこと①

投稿日: カテゴリー ワーキングマザー 女の転職

こんにちは。イギリス在住コラムニストの宮本燈です。

アラフォーの私から、“アラサーの時にやっておけばよかったなぁ”と思うことを今回はお話したいと思います。

 

一つ目は、海外旅行です。実は、私は現在、イギリスに住んでいますが、実際に行ったことがある国はごく限られていています。イギリス、フランス、ドイツ以外の国へはほとんど行ったことがないので、もっとたくさんの国へ旅行にいっておけばよかったなぁと思うことがあります。イギリスに初めて来たのは18歳(大学生)の時なのですが、それ以来2度、3度、4度と来て、今では10回以上の渡航経験があります。気がつくと7年目間も住んでいるので、これもご縁かなぁとも思います。

 

アラサーの時にもっと旅行をしておけばよかったかなと思うには、いくつか理由があります。

一つ目は、アラフォーになると、仕事でもある程度の責任がでてきて、自由に休みがとれなくなるからです。私の場合はフリーランスなので休みを取ろうと思えば取れないわけでもないのですが、アラサーの時より仕事にのめり込み度も高くなって、なんだか旅行に行きたいという気持ちが落ち着いてしまったんですねぇ。もしかすると、生涯探求心が旺盛な人もいるかもしれませんが、やっぱり少しずつ落ち着いてくるものです。

あの時なら、時間がもう少しあったし、体力もあった、好奇心も今よりあったので、もっといろいろな国へいっておけばよかったなぁと思う次第です。特に私は、アメリカやオーストラリアなどの主要な国へも行ったことがなく、アフリカや中東など、珍しい国へも行ったことがありません。今から行けないわけではありませんが、あの時なら、お金は今よりなかったけれど、もっとフットワークが軽く、行動力もあったと思います。

実は、大学生の時は、バックパッカーや一人旅が大好きだったのに、この年代になると随分と保守的で用心深くなりました。一人で海外!?危険かも、テロとか大丈夫!?などなどいろいろ思いを巡らしてしまいます。30代のころでもそういう気持ちがなかったわけではありませんけれどね。アラサーで向こう見ずさがある間に、いろんな世界をもっと見ておけばよかったなぁと思うことがあります。アラサーなら、海外留学とかそういうチャンスもまだあるかもしれませんよ!

 

-続く-

Writer:

大学院修了後(お茶の水女子大学博士前期課程)、イギリスカレッジのディプロマプログラムを経て、翻訳・通訳者として国際協力団体、環境団体で計6年間オンサイト通訳・翻訳者として勤務。かたわらフリーランスの翻訳業を10年程度経験。イギリス大学院研究プロジェクトへも4年間参加。現在は、フリーの健康・美容ライターとしてwebマガジンや情報コンテンツのコラム連載中。

Related posts