ペット1

アラフォーペット事情①:あなたはペットを飼いますか?

投稿日: カテゴリー ワーキングマザー 婚活

こんにちは。コラムニストの宮本燈です。

 

アラフォーの皆さんの方にとって、ペットを飼うor飼わないは、意外と重要なことです。特に一人暮らしの方にとっては、ペットを飼うか、飼わないかによってその後結婚できるかできないかにまで左右するなんていわれているほどなんですよ。

特に動物の好きな方とっては、ペットと過ごすことは癒しの時間となり、“もう彼氏なんていらない”、“独身でもこの子がいれば大丈夫”と、どっぷりとペットにはまってしまう方も多いのだとか。

実際にペットを飼い始めてからすっかり自宅が好きになった友人もたくさんいます。自宅にペットがいると、もうペットといる時間で十分なんていう方も少なくありません。アラフォーといえば、お仕事が一番忙しくなる時で、お仕事中の疲れや緊張を癒してくれるペットが自宅にいるのは、本当に嬉しいことですよね。そんなわけで、ペットを飼う派or飼わない派に2分します。ペットを飼う派と、飼わない派にはこんな言い分があります。

ペットを飼う派の意見:

・やっぱりペットは癒されるしいい

・散歩が自分の運動にもなる

・仕事でイライラしても自宅へ帰るとホッとする

・家に帰るのが楽しくなる

・自宅で一人ではないので安心する・

・ペットの世話が楽しい

・ドックカフェや猫カフェなど休日の楽しみが増える

・一緒におでかけできる

 

ペットを飼わない派の意見

・ペットが自宅にいると彼氏ができにくくなる

・家が汚くなる

・世話が大変

・外泊などがしにくい

・お金がかかる

・動物臭くなる

 

などがあります。実際にアラフォーでペットを飼い始める理由としては、

“ゆとりができた”

“なんとなく癒しが欲しい”

という方が多いです。一人で寂しいということもありますが、何よりも精神的、経済的にある程度余裕ができてくるのがアラフォー世代です。時間もある程度自分になるので、ペットを飼うゆとりができてくる+寂しいとか癒しを求めてという方が多いようです。またペットをかわれている方は、(継続的?)独女になりやすいともいわれていますので、結婚したいという方は飼わないほうがいいなんていう意見もあるぐらいなんですよ。

 

-つづく-

Writer:

大学院修了後(お茶の水女子大学博士前期課程)、イギリスカレッジのディプロマプログラムを経て、翻訳・通訳者として国際協力団体、環境団体で計6年間オンサイト通訳・翻訳者として勤務。かたわらフリーランスの翻訳業を10年程度経験。イギリス大学院研究プロジェクトへも4年間参加。現在は、フリーの健康・美容ライターとしてwebマガジンや情報コンテンツのコラム連載中。

Related posts