秘訣1

アラフォーを幸せに生きる5つの秘訣 ①

投稿日: カテゴリー ワーキングマザー

こんにちは。コラムニストの宮本燈です。

今回はアラフォーライフを幸せにおくる5つの秘訣についてお話します。

そろそろ体や心にも変化が現れてくる年代です。そして、人生の折り返し地点となるこの年代は、人生の熟成期とも言えます。そんな一番良い年代を幸せに生きるには、次のような5つの秘訣があります。

 

一つ目は、常に自分で決めるということです。

20代、30代の頃はまわりに流されていろいろな決断をしていたかもしれません。そろそろ自分というものが確立してきたこの世代の方は、自分の意志で決断することが大切です。アラフォーの方のなかには、もともと優柔不断だとか、自分で決められない性格の方もいるかもしれません。大きな決断については、いろいろ迷っているうちにこの年になってしまったというような方もいるかもしれません。そういう人生の決断については、そろそろ重い腰を上げて、何かを始める時期です。あと半分しか人生は残っていないと考えるのではなく、まだ半分も人生は残っているのです。まだまだ何かをする時間は、十分に残されています。いろいろなことをするには不足ありません。新しい仕事を始める、結婚をする、出産をする、新しい趣味をもつ、旅行に行く、友達をつくるなどなんでもよいのです。大きなことでなくてもいいので、些細なことからスタートしてみましょう。グズグズ迷っていると、時機を逸してしまうので、思い立ったら吉日!早速スタートしてみましょう。アラフォーを幸せに生きる課題は、新たなスタートきる勇気です。

 

二つ目は、不平不満、悪く愚痴などを言わないようにすることです。

アラフォーになって(というか年をとって)愚痴っぽくなったという方はいませんか。こういった方は注意です。ただし、これはよくあることなので、決してあなただけのことではありません。年々、ネガティブな感情が増えてくるのは人間の性というものです。このようなクセがでてくると、ネガティブなエネルギーがどんどん溜まって、人生を負の路線に走らせます。人の悪口は負の連鎖を生みます。こういった人はどんどん同じタイプの人を引き寄せて、交友関係も悪くなっていきます。そのため、できるだけ悪口は控えるようにしましょう。

 

-つづく-

Writer:

大学院修了後(お茶の水女子大学博士前期課程)、イギリスカレッジのディプロマプログラムを経て、翻訳・通訳者として国際協力団体、環境団体で計6年間オンサイト通訳・翻訳者として勤務。かたわらフリーランスの翻訳業を10年程度経験。イギリス大学院研究プロジェクトへも4年間参加。現在は、フリーの健康・美容ライターとしてwebマガジンや情報コンテンツのコラム連載中。

Related posts